名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

突然のカウントダウン開始

先週の水曜日、1/25に野口由芽さんがSKE48からの卒業を発表しました。

 

正直に言いえば事前に知りはしませんでしたが、覚悟はしておりました。なんせ状況証拠が揃いすぎていたもので....

 

解禁されたTwitterInstagramを開始せず

755廃棄

ゆめのーと(朝のGoogle+更新)の終了

 

その他、公式ブログでは達観した文章を記すことが多くなりました。ふとそう感じたのはソロコン最終日直後に更新した公式ブログ、昇格できなかった研究生のファンに向けけ「支えてあげてほしい」と自らの大組閣後の体験をもとに訴えていた文章を見て。

名古屋からの帰り道で、少しイヤな胸騒ぎがしたのは事実です。

しかしその直後に

 

わたしはこれからも絶対に

どこにいても

パフォーマンスでSを引っ張ります 

 

と結んでいたので、大丈夫かなと....

 

それ以降も公式ブログを筆頭にSNSを通じ、野口由芽から発信される文章、言葉からは総括や振り返りが多くなってきたという印象は否めませんでした。季節は12月でしたし2016年を振り返るという意味かな?と自分自身を納得させていました。

 

しかし卒業発表直後に更新した公式ブログを読み返せば、ソロコンの時にはもう決断していたんだね。逆にそう考えるとあの踊りながら炒飯を炒めたソロコンのステージさえ切なくなってしまう。それくらいにヤラれています。

 

 

 

f:id:behero:20170131062428j:plain

2016年年末に755を破棄、ゆめのーとも終了しましたが、2017年年明けから怒涛の公式ブログ更新が始まりました。また可能な限りshowroomから定期的に「めちすた」を届けてくれました。心配は杞憂かな?と思った矢先、公式ブログの署名が前触れなくいつもの

 (*´▽`)ノ から「SKE48 TeamS 野口由芽

に変わりました。ほぼ時を同じくしてモバメの添付写真がデコメーラから普通に変わりました。自信は「携帯の署名が飛んだ」とか騒いでいましたが、もうイヤな予感がバリバリでしありS公演の終わりが怖くて怖くて毎回心臓をバクバクさせながら一列礼を迎える日々でした。

 

そしてその時はついにやってきたのです。1/25のS公演での卒業発表....

 

 

www.ske48.co.jp

 

1/25(水)のチームS公演にて発表させて頂きました通り、野口由芽SKE48を卒業させて頂きます。

・最終活動日 → 2017年2月28日(火)
・ファンレタープレゼント受付 → 2017年3月31日(金)到着分まで
SKE48 Mail → 2017年2月28日(火)23:59:59
SKE48 公式ブログ → 2017年2月28日(火)23:59:59※閲覧は3月31日(金)23:59:59
Google+ → 2017年2月28日(火)23:59:59
・755 → 2017年2月28日(火)23:59:59
・SHOWROOM → 2017年2月28日(火)23:59:59

なお、今後の握手会参加については以下の日程となります。

2017年1月28日(土)
SKE48 2ndアルバム「革命の丘」(発売前)通常盤イベント
場所:ポートメッセなごや

2017年1月29日(日)
SKE48 2ndアルバム「革命の丘」(発売前)通常盤イベント
場所:ポートメッセなごや

2017年2月4日(土)
AKB48 46thシングル「ハイテンション」劇場盤大握手会
場所:パシフィコ横浜

2017年2月11日(土)
SKE48 2ndアルバム「革命の丘」(発売前)通常盤イベント
場所:幕張メッセ

2017年2月12日(日)
SKE48 2ndアルバム「革命の丘」(発売前)通常盤イベント
場所:幕張メッセ

劇場支配人 湯浅洋

 

公式SNS更新は2/28、そして握手会の参加も2月一杯までと発表されました。正味1ヶ月、早すぎるし短すぎるとしか思えません。

 

多くは語りませんし詮索もしません、ただ2月末でSKEから旅立たないと4月から「普通の女の子として夢を叶える」準備ができないのだろうなと察しがつきます。ファンとしたら卒業後の進路が気になるのですが、土日のイベントでは大学のことを聞かれたのか、そこはピシャリとお答えできませんと公式ブログ言い切るのも野口由芽といえば野口由芽らしいですけどね(笑)

 

ただ2月末で恐らく芸能界からはフェードアウトしてしまうでろう野口由芽さん、新たなる旅立ちを祝福してあげないといけないということは頭では理解していても、感情が追いついていかない土日でした。

 

f:id:behero:20170131062445j:plain

突然に始まったカウントダウン、あと1ヶ月間、悔いなく過ごしたい。それだけは確かなこと、まずは今週末のハイテンション大握手会です。

たまたま確保していたこの握手会が個別最後になるなんて想像できませんでした。

 

横浜のレーンでゆめちの笑顔を見たら涙腺崩壊してしまうかもしれませんが、まずは「おめでとう!」と伝えに馳せ参じるつもりです。

 

(言いたいこともまとまりませんね)

 

卒業します

昨日のS公演のおわりに、矢方美紀さんと野口由芽さんがSKE48からの卒業を発表しました。

 

野口由芽さんが昼過ぎに送ってきたモバメに記された一文

 

なんか 震えるわ〜

 

どきどきするね。

 

何気ない言葉でした。

 

普通に考えたら恐らく久しぶりにセンターポジに入るであろう今夜のS公演について、ちょと勘ぐれば....という感じでした。だから帰宅途中からスマホでDMMライブオンデマでS公演を見ておりました。

最寄り駅についたのが「僕は知っている」が終わった頃、そのままホームで待ちました。

 

山内鈴蘭が普通にメモリアルチケットの抽選を行い、矢方美紀がお見送りのアナウンスをしたので「無事終了!」とあまり嬉しくないワードが脳裏をよぎりました。ただ次の瞬間にその矢方美紀が話し始めたのです。「SKE48を卒業します」と。

 

完全に不意を突かれた、2月末での卒業ということを話し終えた次の瞬間、カメラが一列に並んでいたメンバーから野口由芽をアップで映したのです。そこで全てを悟りました。

 

野口由芽から「SKE48を卒業します」という言葉が出てきました....

 

f:id:behero:20170126072919j:plain

放心状態であったのは間違いありませんが、第一希望の大学に合格したことも同時に告げられたことを聞いて、どこか納得してた自分がおりました。

SKE48野口由芽をもっと見続けたいというファン心理はあります。ただ野口由芽という1人の女性の人生を考えたら、間違いない選択であることも事実です。そんな冷静に受け止めてしまう自分が嫌でもありますけど。

 

その後にアップされたブログ、、、昨年春からの苦闘が隠さず綴られておりました。これを見てしまうと「ゆめち行かないで!」と言えないよね。

 

ske48matome.net

 

あと1ヶ月、悔いなくいきたいと思います。

(取り急ぎまとめて続きました)

未来はいつも思ったよりもやさしくて

先週末のAKB48グループリクエストアワーセットリストベスト100 2017でした。

(リクアワ、リクアワと称しているが正式名称は長い...)

 

www.akb48.co.jp 

 

ご承知のとおり対象969曲の頂点に立ったのはNGT48「Maxとき315号」でした。

 

 

www.excite.co.jp

 

私はホーム新潟の「ユナイテッドシネマ新潟」のLVで最終公演を見守りました。

 

チーム8vsNGT48

下馬評ではチーム8「47の素敵な街へ」とNGT48「Maxとき315号」の一騎打ちではないか?との予想が多かったように思えます。

「47の素敵な街へ」は初ランクインの2015年が11位、翌2016年が2位と着実にランクアップ、最も勢いがあるチーム8としては今年こそは1位奪取が悲願です。

対する「Maxとき315号」のNGT48、まだ1stシングルもリリースされておらず先日劇場公演が1周年を迎えたばかり。オリジナル曲はoverture(NGT48 ver.)を含めても4曲しかないのです。ただそこを逆手にとり「Maxとき315号」での一点突破で1位を獲るという算段です。

 

票分散?

しかしなんと7位でNGT48の「君はどこにいる?」がアナウンスされた時には「よし!」という歓喜の言葉より「どうして?」という疑問が脳裏をよぎりました。語弊があるかもしれないが「どうしてこの曲(君はどこにいる?)に入れたんだ!」という怒りのほうが先にきたのです。

ファンの数で考えれば48Gでは間違いなく最小のNGT48、それは最後発ゆえにしかたがないところ。だからこそ限りある票数は有効に、タマは「Maxとき315号」に集中させる必要があったのです。

しかしそれに追い打ちをかけるように「NGT48」までもが5位でアナウンスされたのです。もうこの時点で天下獲りには失望していたのは偽りありません。あとは祈るのみという心境、というか諦めの心境でした。

ただ4位でアナウンスされたのは横山由依さんのソロ曲「月と水鏡」でした。

 

フルコーラスで!

これで「Maxとき315号」の3位以内が(恐らく)確定したのです。26人でフルコーラスをパフォーマンスできることが確定したのです。「Maxとき315号」は研究生の歌割りがある2コーラス目が重要なんです。そのためにはフルコーラスでパフォーマンスができるトップ3に食い込む必要がったのです。

ただもうこの時点では何位でもいいや!と思いました。ファンもよく3曲もトップテンにねじ込んだ、立派じゃないか、よく戦ったよと!

 

そう思っているうちに3位で「赤いピンヒールとプロフェッサー」が呼ばれました。昨年のAKB48単独リクアワ1位の松井珠理奈ソロ曲です。このときばかりはSKEヲタの本性を抑えきれず全力でグリーン=オレンジのサイリウムを振りながら「珠理奈コール」をかましてしまいました。

 

下馬評どおり

そして注目の2位の発表を迎えました。呼ばれなければ1位確定です、呼ばれた方が2位です。そしてコールされたのは「47の素敵な街へ」でした。

ユナイテッドシネマ新潟のファンが絶叫しました。そう「Maxとき315号」の1位が確定した瞬間です。私ももう目から汗が.....

 

悔し涙

もうユナイテッドシネマ新潟のファンのほとんどが歓喜に浸っていましたが、スクリーンではチーム8「47の素敵な街へ」のパフォが映し出されていました。そんな中で数人のメンバーは涙を流しながらのパフォーマンス、それは間違いなく悔し涙なんですよ。それを見ているとこちらもホロッときてしまったのも事実でして、もうDDヲタの宿命です。

 

www.nikkansports.com

 

パフォーマンスが終わりコメントを求められた倉野尾成美さんの「パフォーマンスはチーム8が1番ですよね」という絶叫もまた良かったです。お互い切磋琢磨で上を目指せば良いのです。

 

幸せなな時間

そして26人での「Maxとき315号」が始まりました。NGT48劇場で何度も見た彼女たちが天下を獲ったわけです。今までのいろんな風景が脳裏をよぎるなかで、スクリーンに向かい赤白のサイリウムを振り、メンバーの名前をコールしました。ほんの数分間ではありましたが本当に幸せなな時間でした。

 

f:id:behero:20170123230050p:plain

 

NGT48は先日のソロコンサートで4/12のシングルデビューが発表されました。来年はそのデビューシングルでもう一度頂点を目指すのでしょう。終演後にステージから去る直前に加藤美南も同じことを言っております。

 

www.sanspo.com

 

そんなにうまくはいかないでしょうけど、可能性は残したわけですので(笑)

 

 

「Maxとき315号」の歌詞にもあるとおり

 

「未来はいつも思ったよりもやさしくて」

 

という言葉がいつも以上に伝わってくる感じで本当に幸せな時間でした。アンコールでの変なサプライズ発表も珍しく(!)なしで、そのまま終演したリクエストアワー。今年で10回目ですが、AKB48以外の楽曲が1位を獲得したのは初めての事らしいです。

人気メンバー投票になりやすく、良くも悪くも楽曲の総選挙と揶揄される近年のリクアワですが今年は本当に良い終わりかたではなかったでしょうか。

自宅に戻っても余韻に浸ることができました。最近の48Gの大箱ライブでは珍しいくらいにね!

 

【MV】Maxとき315号 Short ver./ NGT48[公式]

 

 

 

43rd Single「君はメロディー Type D」初回限定盤
 

 

 

 

 

 

 

休むという勇気

本日は水曜日、そう野口由芽さんがSHOWROOMで「めちすた」を20時30分から生配信する日です。それがわかっていたので朝は早めに会社に向かい仕事を開始、日中も集中して業務を千切っては投げていたのですが無情にも会社を出たのは20時過ぎ....帰りの電車でスマホで「めちすた」を見ながら帰るという無念の結果でありました。

 

 f:id:behero:20161208000921j:image

 

野口由芽休演

昨夜ですがリリースがオフィシャルページにアップされました。

www.ske48.co.jp

12月9日の劇場公演におきまして、メンバー変更が生じましたので、お知らせ致します。

【休演】野口由芽
【出演】杉山愛

 

 

出演予定であった「PARTYが始まるよ」公演の休演が発表されたのです。

 

いつもなら「ん、ゆめちどうした?」とヲタクが騒ぎ出すのですが、今回ばかりはみんな冷静だったようです。恐らくこれはアクティブレストだとみんな察したのでしょう。

 

3日連続4公演

これが今週月曜日からのSKE48劇場の公演スケジュール

 

f:id:behero:20161207224049p:plain

 

野口由芽は所属するチームS公演の他にも12/8,12/9の「PARTYが始まるよ」公演の出演メンバーに名前を連ねていたのです。結果的に

12/05(月)チームS「重ねた足跡」公演

12/08(木)「PARTYが始まるよ」公演

12/09(金)「PARTYが始まるよ」公演

12/10(土)チームS「重ねた足跡」公演 ✕ 2回

この時点で12/10のメンバーは未定(未発表)でしたが6日間で5公演、しかも12/8からは3日間で4公演というアサイン。ちょっと野口由芽の現状を知っているヲタクなら、大丈夫か?と足の心配をしてしまうわけです。

 

これは運営が配慮したかな?と珍しく運営の采配に納得していたら、野口由芽がこんな投稿を755に

 

f:id:behero:20161207232733p:plain

 

 

休むという勇気

結果的に3日連続4公演に不安を感じて、自ら運営にマネージャーに相談したようです。その結果として12/9(金)の公演を休演としたのが真相のようです。

自分の状況を考え相談した野口由芽、その申し出を考慮し動いてくれた運営サイド、両者に拍手を送りたい気持ちになりました。

 

もちろんメンバー発表後、さらに言えばモバイル枠の当選が確定した後の発表だったので、野口由芽さんも少し罪悪感があったのかなと推察したりします。PARTY公演のゆめちが観たいとチケセンに投げたヲタクも皆無ではなないでしょから

 

経験から学ぶ 

ただ野口由芽は足に爆弾を抱えたまま、騙し騙しで劇場公演に立っているのは周知のとおりです。この夏にも同じような状況がありました。

前日は久々に研究生「PARTYが始まるよ」公演へサポートメンバーとして出演した野口由芽、その公演終盤でやっちまったらしく、翌日のS公演まで回復するわけもなく自らの不甲斐ないパフォーマンスに公演途中で涙を見せたのです。あれはもう何事か?ともう心臓が爆発しそうだった。

 

後日談でGonna Jumpが(オープニングで着込んだ)S公演より衣装(Tシャツだけの)衣装が軽くて弾けた!とかホントかよ?というコメントも残していましたが(笑)

そんな野口由芽だから余計に心配なんです。正直なところ1日休んでくれて良かったというのが偽らざる気持ちです。

 

という冗談はおいてもう怪我でメンバーが泣く状況はみたくありませんからね。100%SKEのトレーナーチームが語っていたように、私達の見えないところでしっかりとサポートしてくいるようです。

 

休演という罪悪感

ただあのトレーナーチームのインタビューを読んでいても、SKEメンバーからは劇場公演を「休演」することに対する「罪悪感」があるという言葉が出てきていた。ファンとしたらその心意気は本当に嬉しいのですが、やはりメンバーの身体を第一に考えるべきtだと思います。無理に強行出演で取り返しがつかない結果を招くというのは笑えませんので。

野口由芽も研究生時代からのアンダー酷使からくる勤続疲労が、怪我の原因のひとつであることは間違いないでしょう。もちろんそればかりではないでしょうが、少なくとも彼女は痛みを隠して劇場公演に出続け、ギブアップ寸前までそれを隠し通したのです。そしてそれが判明した直後に即ドクターストップという状況でした。当時の野口由芽は「休ませて下さい」と申し出るることができなかったのです。

 

もちろん当時と状況は違うでしょう、怪我でしばらく劇場から遠ざかるという経験も積みました。ただ今の野口由芽は「休ませて下さい」と相談することができた、これだけでも素晴らしい成長かなと思います。

 

生き残るという戦略

身体に不安を持つのは野口由芽だけではないでしょう。そんなメンバーがいるなら休むという勇気を出してほしいと思う。特に若いメンバー、研究生はいつチャンスが回ってくるかわからないと強行出場するかもしれない。

ただ一番の戦略というのは生き残ることだと思う、身体の怪我が原因で志半ばでSKE48を去っていくのはもう見たくありません。

理由は様々でしょうが完全燃焼、やりきったという笑顔で卒業の日を迎えてほしいから。

 

今回の野口由芽の休演という結果、これがSKE48全体に良い意味で波及していってほしいと思います。

 

そういえば100%SKEの表紙にも大きく「勇気」と記されておりましたね!

 

BUBKA2017年1月号増刊 100%SKE48 Vol.2

BUBKA2017年1月号増刊 100%SKE48 Vol.2

 

 

俺達のSKE48

昨夜は急遽、アルコールを飲むという残業が発生し月曜日からブルーな感じでの帰宅でした。

 本当はDMMの公演アーカイブを消化する予定でした、どうもそんな気になれずに日曜日に録画したコレを見始めました。

 

www.ske48.co.jp

 

 そう青木詩織さんが出演していたのです。BSとはいえ60分番組、内容としては焼津親善大使が地元の見どころを紹介していくもの。そうよく土曜日や日曜日の昼下がりに放送しているアレですよ(笑)

 

 

f:id:behero:20161206230634p:plain

 

ただし青木詩織の焼津親善大使という肩書きはダテではなく、SBS原田アナウンサーと地元の街をソツなく巡った60分でございました。そしてその映像に違和感はまるでない、言葉は悪いがSKE48のメンバーというより、地元密着のローカルタレントという風情でした。衣装もちょっとキレイなお姉さんという雰囲気であり、知らない人がみたら彼女がアイドル、ましてや48グループの一員とは思わないでしょう。

 

 

そこでおしりんこと青木詩織のプロフィールを改めてチェックすると...

f:id:behero:20161206230743p:plain

 

「将来の夢:静岡県のローカルタレント」としっかり記されております。その意味で青木詩織は望む仕事、将来の夢へ向け着実に歩を進めたということでしょう。

 

この番組のスポンサーは焼津市、その意向もあり「やいづ親善大使」の青木詩織が起用されたであろうということは容易に想像がつきます。ただそれはお互いにWin=Winの関係だからこそです。おしりん起用よるPRがどこまで行き届くか、疑問がないわけではないが少なくともヲタクは「焼津市」に注目しますからね。

 

いろいろと焼津市はマジなんですよ、ふるさと納税を見てもね。そんな展開の中に青木詩織も乗っていければ彼女の夢は叶う可能性大かもしれません。

 

これと同様にSKE48の活動のために名古屋へ出てきた「地方組」メンバーに、出身地元から仕事のオファーが来るケースが目立ちます。松村香織和光市福士奈央佐野市、さのまるという関係はもう切っても切れずに良い関係を築いているように思えます。そして宮城県出身の菅原茉椰には東北楽天イーグルスから、埼玉県出身の惣田紗莉渚には埼玉西武ライオンズから始球式オファーがありましたし。

 

もちろん愛知名古屋の中日ドラゴンズからも、ドラキチ日高優月に始球式オファーありましたが、地元仕事はあまり目立たない印象が拭えません。SKE48も実は愛知県の「 LOVEあいちサポーターズ」に名前を連ねております

 

LOVEあいちサポーターズ - 愛知県

 

そして先日はこんなイベントもありましたよね

ske48matome.net

 

「LOVEあいち・スペシャルコラボ」という形でSKE48のメンバーに無償で愛知県の行事等に参加しているらしい。ギャラが発生しないのか?という疑問は残るが、地元での知名度アップには自治体からの仕事がいちばん確実なんでしょうね。

この点については先日のソロコンに大村愛知県知事が59本のバラを抱え、ステージまで祝福にかけてつけてくれた事を見てもWin=Winの関係になりつつなるのかなという印象です。

 

 

こういった仕事は細々とでも長く続けていくことで結果が出るのでしょう。残念ながらまだ目に見える結果が収穫できておりません。

 

 

今村悦郎がSKE支配人として名古屋へ来たときに打ち出した「名古屋回帰」というコンセプトが今になって実を結びつつあるのか?とも考えてしまいます。やはり次は愛知ローカルのテレビ番組がほしいですよね。愛知ローカルラジオでは毎日番組があるわけで、テレビ進出を阻むものはなんであろう?

 

思い返せば岐阜も準地元なんですが、岐阜メンを中心に起用し続けてくれるテレビ、ラジオがあるんです。最もこれは加藤るみの功績が大きいと思いますが、今はそれを北野瑠華がしっかりとキープしている印象です。さらには町音葉、太田彩夏という補強もできましたし安泰かなと。そして三重も地元メンを起用してくれるメディアがありますしね。

そうなるとやはり地元愛知、名古屋にこういった熱狂的なサポーターがやはりほしいんですよね。

 

今村悦郎の話になってしまいますが、彼は志半ばでSKE48劇場支配人からNGT48劇場支配人に転属となりあした。彼がNGT48で行っているのはSKE48で出来なかったことを具現化してるのかな?と思うことが度々あります。それが「名古屋回帰」=「地元密着」ということかなと。

 

NGT48のお披露目時、新潟県出身メンバーは出身市町村まで公表しました。それは驚きとうか大丈夫なのかという部分が大きかったのですが、あの瞬間から村上の本間日陽、聖籠の菅原りこ、上越の高倉萌香になりました。そう「俺達の街の.....」という存在になったのです。

そうなればやはり無条件で応援してしまうところがありますよね。それによりいわゆるドルヲタ以外の一般層も巻き込めますから。

 

SKE48の愛知県メンバーが今になり出身地をオープンにすることは難しいと思いますし、現実的ではないでしょう。ただ今のSKE48に足りないものは、地元を巻き込んでいくことなのではないかなと。

 

SKE48の大部分を占める愛知県出身メンバー、彼女たちが地元から熱狂的に迎えられるような状況を作れないか?青木詩織さんが出演していた映像を見ながら考えてしまいました。愛知、名古屋の人たちが「俺達のSKE48」というように

 

 

 

直訴再び

約4ヶ月も放置していたので、ブログの書き方を忘れてしまいました(汗)ホソボソと復活させるていきたいと...

 

この土日、SKE48は劇場で4公演というスケジュールでした。メンバーの生誕祭が3公演(白井、高柳、井田)、お客様生誕月公演(11月12月)が1公演というスペシャルなラインアップでした。

 

特にあかねまちゅり(高柳明音生誕祭)は安定の暑さ...いや熱さでした。チームリーダーという役職を解かれてから、良い意味で自由人過ぎてもう誰にも止められない感じです。ただ個人的にはそれが凄く良い感じだと思っております。

(アーカイブはこんなカットから始まっているw)

 

f:id:behero:20161204224620j:image

 

 

 

高柳明音チームKⅡそのもので、結成当時からエースで4番のキャプテンだったわけです。それは余裕がありませんよ、ただキャプテンを譲り、エースは譲ったわけではないですが立ち位置的には一歩引いた感じで良い意味で年齢を重ねていると。

ただ相変わらずヤンチャすぎますけどね(笑)

 

その良い意味でのヤンチャができるのは、陰日向で高柳明音を見てヨシヨシと頷く大場美奈がいてからこそかなと。かってはその役割を古川愛李がやっていたんですけどね。

 

先日発売された100%SKEのインタビューで「過激派は松村香織だけでいいはずなのに、そこに乗っかかってしまった!」と反省の弁を述べていましたが、同じチームには違う意味での核弾頭を抱えているわけですよ。いやみなるんの苦労は察するところですが、何かもう操縦方法を心得ているのかなと大場美奈も素晴らしい名古屋の女ですよ。これにも感謝!

 

ske48matome.net

 

 

そして最後は何か言ってましたね(笑)

 

高柳明音が悔いなく、やりきったと感じてSKEを旅立つ時が来てほしい。それがおそらくSKE48の明るい未来なんでしょう。それが実現されることを希望します。

まずはコレからだね

 

 

 

 

闘将高柳明音、まだまだSKE48には必要な人材ですから

 

 

高柳明音ファースト写真集 ちゅり

高柳明音ファースト写真集 ちゅり

 

 

定点凝視の在宅日曜日

久しぶりに現場に行かない週末でした。遡ること5/28(土)のSKE48写メ会@幕張メッセから8週連続で48Gの現場に出没しておりました。これはもう永遠に破ることが出来ないのではと自分でも思っております。カラダも疲れましたが、財布の中身も疲弊してしまったわけです。

 

9週連続

それでも調子にのって9週目も狙いました。来週はSKEの握手会参戦予定なので、今週を埋めれば10週連続だと。しかしその結果は....

 

f:id:behero:20160724221619p:plain

 

7/23、7/24のAKB48チーム8公演。7/24のSKE48チームS公演を狙ったのですが、枕を揃えて討ち死にという結果。特にSKEはモバイル枠でサクッと当選メールが来るものと信じて疑わなかったのでショックが大きかったのです。

 

定点映像

ということで日曜日の午後はDMMオンデマでチームS公演を見ておりました。

 

www.ske48.co.jp

 

松井珠理奈を除くチームSメンバーが素晴らしい、熱い公演を見せてくれました。

 

本日の公演が昼夕と2公演でしたが、その2公演とも私は定点映像を中心に見ておりました。そしてひたすら野口由芽さんを追いかけるという少しマニアックな視聴を。

DMMのメイン映像は歌割りのメンバーが中心ですが、定点は左右の花道を除けばステージ上の状況を見ることができます。その映像で野口由芽を2公演、追いかけてみました。

感想はというと面白いですよ!

 

当たり前ですがメンバーは歌割り以外でも動いております、ステージ上で複雑なポジション移動を繰り返しながら踊っております。そして時にはアドリブを入れてみたり、他のメンバーとイチャイチャしてみたり(笑)

そんな姿を見ているのも楽しいものです。

 

センターそして赤ピン

野口由芽松井珠理奈休演のためセンターポジションにアンダーで入っております。それは前数回の公演で知っておりましたので、それも込で楽しかったのです。

 

昨年の今頃、野口由芽は怪我で劇場公演への出演ができずもどかしい日々を過ごしていたわけです。演目こそ「制服の芽」から「重ねた足跡」に変わりましたが、アンダーとはいえセンターポジションを任されている現状は本当にただ嬉しいだけす。

 

f:id:behero:20160724225403j:plain

 

そんなセンターポジションの特権で「オキドキ」では「オキドキ行くぞー!」のコールもできるし「パレオはエメラルド」のイントロからのソロダンスも任されるわけなんです。そんなポジで野口由芽で躍動しているのを見ると本当に泣けてくる感じなんですよ。

 

昨年の怪我以降は「もう昔みたいには踊れない」というような発言はしておりますが、「枯葉のステーション」で磨いてきた表現力という武器は、昼公演でアサインされていた「赤いピンヒールとプロフェッサー」にも活かされていたように思えます。曲調はガラッと変わって激しいテンポですが、表情やら手先の使い方というのはちょっとスゲーなと思わせるところがありましたので(推し補正モリモリですが)

 

 

f:id:behero:20160724225433j:plain

 

そしてユニット明けのダンスメドレーでもセンターポジに君臨、後半パート「世界が泣いているなら〜チキンLINE〜Escape」というのは本当に鬼気迫る感じで踊っておりました。

チキンLINEを劇場公演で披露したいた時に「こちらは3列目だけど死ぬ気で踊っている」といいような発言をしていたけど、まさにその言葉を体現している感じで野口由芽スゲーわと改めて。

 

その他の全体曲でもアドリブでターンを入れたり、足を(恐らく)意識的に蹴りあげたりするのを目撃すると「あー野口由芽が戻ってきた!」という感じになるんですよ。あと「コップの中の木漏れ日」でニコニコしながらシアワセそうにステップを踏んでいる姿も実に良かったです。

 

オレの初日はいつ

いずれにしても現地、SKE48劇場で「重ねた足跡」公演を見たいです、できれば野口由芽がセンターポジに入るであろう公演をと。これは高望みしすぎでしょうかね?

8月前半は難しく、後半スケジュールにワンチャンを賭けてみよう!そんな2016年の夏です。 

 

 

金の愛、銀の愛(DVD付)(Type-A:初回盤)

金の愛、銀の愛(DVD付)(Type-A:初回盤)