読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

あーさがかわいい

本日もあたり前のようにSKE劇場では公演がありました。去年の今頃は劇場改装中で全く公演がなかったんだよね。もっとも2012年のガイシコンのタイトルを思い出せば「SKE専用劇場は秋までにできるのか?」という挑発的なタイトルでありました。

 

秋までには出来なかったけど、12月にオープン後は本当にほぼ毎日公演が行わるようなスケジュールになっております。さすがに個別握手会や大規模コンサートの前には休館日ということもありますが、その他はほぼ稼働しているイメージです。全握裏でも研究生公演ができる体制があることが夢のようですわ。

 

そんななかで本日は研究生公演、昨日のドラフトの余波は?研究生も心中が穏やかでないのは容易に想像ができますが、まあそれはそれで目の前のことを一生懸命こなしていくしかないんだよね。きょうの公演メンバーは以下のとおり、、、ある意味では正念場ともいえるのかな....

 

2013.11.11 研究生「会いたかった」公演

18:10開場18:30開演
【出演メンバー】
青木詩織井田玲音名大脇有紗荻野利沙折戸愛彩鎌田菜月北野瑠華熊崎晴香後藤真由子空美夕日竹内彩姫野口由芽日高優月矢野杏月山田樹奈山本由香

 

目の負傷でDL入の北原侑奈となぜか松村香織がおりませんが、ほぼベストメンバーでしょう。そしてこのメンバーを見たら、ありたん座長公演か!と思いますよね、それが違ったんですよ。Overtureから暗転し「嘆きのフィギュア」が始まる、ステージ上の4体のフィギュアに順番にスポットが当たっていくのですが、みんな北野>大脇>竹内彩>日高と思いきや、2番目のフィギュア大きくない!ありたんじゃない!んですよ。

 

会場も???だったようで普段だったら「るかちゃーん」「ありさー」「さきぽーん」「ゆづきー」(語尾上げ厳禁)とスポットが当たった瞬間にコールするんですが、2番目「?????」でしたね、オイ会場。そう今日はここに折戸愛彩、あーさが入ったわけですよ、ある意味で運営のサプライズ、そうこのポジションはある意味で特別なところ、このフィギュアの2番目はセンターポジションなんですから!

 

有紗だっているのにあーさをこのポジに入れてくる運営の意図は何だろうね?あーさも地味に運営がその能力を評価しているのは事実、なんせ旧Sの「制服の芽」にもアンダーで投入されたくらいだからね。踊れるのは事実だし、なんていってもあの熊ちゃんと違った小動物感は愛され感満載だからね。北川綾巴と仲が良くUHAISAとかブログに書いちゃうくらいだけど、綾巴が一気に珠理奈アンダー、研究生ユニット、SKE選抜と駆け上っていっただけに格差社会とか言われたけど、あーさも実力で研究生センターポジ奪っちゃたわけだからね。これほ素直におめでとうです!

 

そして会場もいつもと違うポジにあーさがいる事を認識してフィギュアの2番からは「あーさ」コールしておりました、こういう順応性はイイよね。

 

自己紹介で最前センターに位置するあーさはやはりデフォで口が半開きだっただろうか?、詳細はこれからDMMのストリーミングで確認しましょう、あと渚のCHERRYのセンターもね。会場は当然「あーさがカワイイ」とコールしたんだろうな(笑)

 

 

運営は研究生公演のセトリ変更ができないから、こうやって少しづつメンには緊張感やヲタには新鮮さを提供していくつもりなのかな?まあそこまで考えたないだろうな、ゆぅゆが離脱、センターポジできるメンバーを大至急で仕上げてきたのかもね。ただそのお眼鏡にかなったのが折戸愛綾だったのかな。

 

だったら有紗は今日メンバーから外してもよかったんじゃないかな、マジで酷使しすぎだよ。