読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

劇場マジック

残業より帰宅し、遅い夕食をとりながらDMMの公演アーカイブを消化するというルーティンワークを過ごしております。冬季オリンピック開幕後はテレビもダラダダ見てはおりますが、それほど興味がある競技があるわけではないので本当に画面が流れていくだけ。そして勢いでビールでも飲みだそうものなら、安定のコタツで寝落ちし朝を迎えるというこれもルーチンワーク(笑)電気料金の無駄なので注意したいと思います。

 

そのようなルーティンワークの勢いで申し込んだ土曜日のSKEチームE公演、日曜日のNMBチームBⅡ公演、安定の全落ちでした。ひょとしたら当選来るか?なんていうスケベ心があったのですが、現実は厳しいものです。ただ実際に土日の公演応募倍率はどれくらいなんでしょうね?

ペナントレースを始めるとブチ上げた時には公演の応募倍率も比較のファクターに入っていたような気がします。AKBは1年に1度は入れるようにするとかいう話も聞いたことはありますが、AKBはもここ1年くらいは申し込んでおりません。ということは次にエントリーしたら当選来るかな?と考えてしまいますが、あまり本店の公演を見たいというきが起きません。もちろん現場に行ってしまえば楽しいのは間違いないのですが、何かのついでに申し込むのならまだしも、公演だけのためにの東京行きは難しいです。

 

それとは逆にSKEは公演に入りたい!という気持ちが先行しております。当選したら名古屋に行く、この週末はフリーだからエントリーしちゃおうという思考なんです。もうここから違ってしまうのは、冷静に考えると本当に狂っているとしか思えないのですが。やはり劇場公演はマジックですからね。

 

SKEは新チケットセンター稼働後は、月イチで入れるような管理をしているという噂も聞きますが真偽のほどは定かではありません。そう考えると1/8のKⅡ公演から1ヶ月経過したし、ひょっとしたら?と考えて今週末のチームE公演に申し込んだわけです。

 

ただやはり遠征民としては週末休みを利用することがメイン、しかも毎週申し込みができるわけでもありません。更には土日は握手会で劇場公演自体がないというケースも多いのです。きっと遠征民は私と同じような考えで申し込むでしょうから、土日の倍率がはねあがるということは容易に想像できるわけです。

 

握手会も楽しいのですが、やはり劇場公演ですよね。あの空間はマジックだしやはり私は劇場公演が一番好きなんだなと思わされた深夜です。

 

そしてこのまま週末のみ応募し続けたとして、次の当選が来るのはいつなんだろうなと考えると、うーんとなっててしまう。

 

求む土日の劇場公演!です。