読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

移籍とは

大組閣、何をするんだろう?兼任が増えるくらいだろと思っていたら想像以上のシャッフルが待ち構えていたわけでね。影響が大きいだけに現実感がないんですよ。

 

  SKE48 | ニュース | AKB48グループ大組閣祭り 組閣内容確定のお知らせ

 

SKEにとって大問題のひとつは木崎ゆりあがAKBへ完全移籍してしまう!ということ。ゆりあが当日の壇上で発した言葉「私、SKEじゃなくなっちゃうんですか?」これに尽きるわけです。イチバン悩むところはゆりあ本人だろうが、ゆりあ推しのヲタも絶滅危惧種に指定されそうな箱推しのヲタもそりゃ大騒ぎですよ。

 

大組閣前からゆりあが危ないという説はあったわけです。この春で高校を卒業するわけで、東京へ出ていくのなら千載一遇のタイミングですから。マジすか3での扱いを考えたら本店というよりやすすが推したいとうメンバーなのかと。本店推しの人からしたら「ゆりあと須田と花音はもらっていくぜ」という冗談に聞こえない話が聞こえていたのも事実だし。

そして蓋を明けてみたらシナリオどおり(SKEへの完全移籍メンバーもほぼ噂どおりというおまけつき)

 

こればかりはゆりあ本人の判断を尊重するしかないわけ、私達がどれだけ騒いでも最終的に決めるのは本人の意志。外野の意見で多少ジャッジが鈍るかもしれませんが、最終的には本人の意志で決めてほしいわけです。ただこの本人の意志は以外とはやく固まった、AKBへ移籍しますと。SKEから出て行くのは残念だが本人が決めた決断ならそれを支持するしかないわけで。

 

プラスな見方をすればSKEでゆりあは頭打ちになっていたのかもしれない。永遠の次世代エースでありSKEで珠理奈玲奈を越えていけるか?と問われると正直なところ難しいというのが偽らざる回答となる。同じ3期生の須田がAKB選抜まで突き抜けたことを考えたら、環境を変えるというのは本人にとってブレイクスルーのための良い機会と(思わないとやってられない)

 

そしてよっと意地悪なマイナスの視点も。チーム4サブキャップという肩書だがチーム4はやはりメンバー的に弱い、そして良くも悪くも峯岸チーム4、そこに放り込まれてどう輝けくのかというのが見えない。壇上解説の誰かが「チーム4は手をつなぎながら公演だから合っている」とか発言したが、大組閣後のチーム4が手つなとも限らんし、ゆりあが手つなに出ているのは見逃した公演だけだものね。小嶋真子の代わりにウィンブルドンのピンクになるわけじゃないと思う。ひょっとしてサブキャップという肩書きはチームビルディングを期待されているのかとも思ってしまうが、それは難しいのかな。

あと本店移籍したからといって本店選抜メンバーが確約されるまでのポジションではないんだよね。SKEのままならシングル選抜から外れることは考えられないわけで。

 

そう考えた場合に木崎ゆりあが選んだAKB移籍という道はかなり茨の道なんですよ。ちょっとゆりあが居なくなるSKEも心配ですが、ゆりあ本人のAKBでのポジションも心配であります。

 

 

さてもうひとつの完全移籍、谷真理佳山内鈴蘭佐藤すみれという3人が加入してきます。さてどう考えたらいいのでしょう。鈴蘭とすーちゃんがホリプロメンというところが引っかかる、こだけがちょっと嫌なんです、裏で何かが動いていそうで。ただこの2人は完全移籍で退路はない、そんな気概で来てくれたらWelcomeですよ。

もうひとつはHKTからまさかの谷真理佳が完全移籍でして、これは???なんですよ。松村香織ラインでの移籍だったらそんなのでいいのか運営よと。HKTからは兼任で田中菜津美も来るんだよね。花音と逆パターンになるのでどれだけSKEと絡めるかは未知数ですが、このHKTの2人はちょっと楽しみであります(あれ運営の掌で転がされている?イカンイカン)

 

ラストにチームS問題、これは次の記事で。ゆりあの完全移籍も大問題だけど、チームSもいろいろと騒がしいよね。