読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

無力感

5/25の夕方、AKB全国握手会でメンバーとスタッフがファンを装った人間に切りつけられる(最終的には殺人未遂事件です)という事件が発生しました。

今の世の中、情報というのは電子のスピードで世界を駆け巡ります。旧来の電子メールや掲示板もそうですし、SNSサービスと呼ばれるTwitterGoogle+facebookはそれ以上のスピードで情報が拡散されていきます。

 

かくなる私もAKBの事件を知ったのはTwitterでした。最初は愉快犯なのかという疑いもあり静観しておりましたが、同時多発的に現地にいた人たちから上がってくるツイートを総合すると「何かが起きた」のは間違いと。そしてキングレコード担当者が現地で握手会中止を発表したというツイートで確定となりました。

 

さて同日、SKE48ポートメッセなごやで個別握手会実施中でありました。

 

SKE48 | スケジュール | 2014.05.25 14thシングル「未来とは?」(劇場盤)個別握手会@ポートメッセなごや

 

電子で駆け巡った情報は名古屋にいたファンには伝わってでしょう。それを握手会での会話の中でメンバーに伝えたファンもいたでしょう。それを聞けばメンバーは間違いなく不安になります、私だったらなるでしょう。それより先にSKE運営にこの情報はシェアされていたはずです、さて運営はどう動くんだ?というかもう中止以外にはないだろうというのが正直なところでした。

 

今度はポートメッセ発の情報をいろいろ漁り始めました。流れていた情報は「第6部はオワタ」「どうなるんだ」「警備が強化された」「第7部メンバー出てこない」とか。そして運営が最終的に出した決断は第7部の中止。今村支配人がファンの前で挨拶をして経緯を説明、まあこれも支配人の言葉づかいでいろいろと一悶着あったようですが。

こんなときに最優先されるべきはメンバーの安全なんですよ。こんなの素人でもわかること、最悪の結果を想定して動くべしと。だから現地にいた人たちには申し訳ないが、中止という決定は妥当でしょう。

だってメンバーにこの事件の情報が伝われば平常心で握手会なんて無理です。なにより未成年メンバーを含め若い女の子ばかり、私が親だったら必死に連絡してこの日の握手会は止めるよ、マジでね。ファンもメンバーも楽しめない握手会なんて、ありえません。

 

支配人が挨拶をしている後ろにはメンバーも並んでいたらしい、そして泣いていたメンバーもいたらしい。北野瑠華山田みずほ山田樹奈はこの日が誕生日だったわけで、なにかもう無念という言葉以外にみつかりません。

 

後日、出てきた握手会中止のリリース

SKE48 | ニュース | 5/25(日) 「未来とは?」(劇場盤)個別握手会 開催中止致しました第7部に関しまして

 

俺達が考えていた以上に、性善説で現場は成立してのだなというのが今回の事件で判明しました。それは良いことなのだと思いますがAKBは5月中の劇場公演を中止、SKE、NMB、HKTは劇場の最前列を潰して金属探知機ゲートまで導入をしました。それで完全に防げるかというと正直なところ疑問符ですが、やはり何かしら改善策を講じていおりますというポーズは必要だから。ただ劇場にしても握手会にしても、いままでどおりとはいかない状況になりました。

でもこれはAKB界隈の話ではないから。密室でのイベント、大人数の動員が見込まれるイベントなどは同じことなんですよ。

 

早く現場にメンバーの笑顔が戻ることを期待するしかない。今回ばかりは犯人への怒りもそうですが、何か無力を感じてしまいました。俺達は何をすればいいのだろうと...