読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

王道アイドル(高寺沙菜生誕祭)

久々に土日の2日間、特に予定もなく自宅で過ごす週末でした。土曜日、SKE48は名古屋で個別握手会ということで公演もありませんでした。個人的に今回の「不器用太陽」個別は1枚の購入もないため流れてくるレポートを見ながら、溜まった公演アーカイブを消化する土曜日でした。諸々をこなしながら6公演分を消化(笑)まあ金はかかりません、在宅太陽でした。

 

そして迎えた日曜日、この日はE公演が2回というスケジュール。実は昼公演は投げてみたのですが結果は「落選」でした。そりゃ1ヶ月に2度当選メールが来るわけないのですが、ひょっとしてという気持ちで申込んだわけです。とればDMMで見るしかないのです。

 


SKE48 | スケジュール | 2014.11.16 チームE「手をつなぎながら」公演(13:00開演)


SKE48 | スケジュール | 2014.11.16 チームE「手をつなぎながら」公演(17:00開演)高寺沙菜 生誕祭

 

【出演メンバー】
磯原杏華市野成美岩永亞美梅本まどか加藤るみ熊崎晴香小石公美子小林亜実斉藤真木子・酒井萌衣・柴田阿弥須田亜香里高寺沙菜谷真理佳福士奈央山田澪花

 

 出演メンバーは2回とも同じです。松井玲奈佐藤すみれ木本花音の名前がありませんでした。花音は兼任先のHKTの全国ツアー@横須賀だったわけですね。この前もE公演とHKT全国ツアー@徳島が重複して休演していたのですが、このあたりのスケジュールは早いもの勝ちなんですかね。兼任先のスケジュールで休演とかちょっと本末転倒かなと。

 

まあそれはさておき、2回目は高寺沙菜さんの生誕祭でした。昨年11月のドラフト会議でチームEの2位指名を受けてのSKE加入でした。当時彼女の印象は正直なところ全くといってよいほどありません。チームSが唯一指名した松本慈子、KⅡが最後に指名した想田紗莉渚、勝手に地下で秦佐和子をダブらせていた神門沙樹、SKE愛をアピールしていた福祉奈央は覚えているのですが、高寺沙菜は全く覚えておりません。

その後、お披露目を経た印象もロリキャラなのかなという感じくらいしかありませんでした。

 

同じドラフト組の松本慈子荒井優希小石公美子が大組閣前のチーム劇場公演の終盤に出演していたこともあり、中学生だから出遅れたかな?というのが偽らざる印象でした。(ちかこも中学生だけどね)

 

ただ大組閣後の須田チームEへ移行、「手をつなぎながら」公演になると劇場公演にもポツポツと出演するようになりました。初出演の時期は覚えておりませんが、小さな体ながら全力感あふれるパフォーマンスと笑顔で「あ、いいかも!」と思うようになりました。こういった上手くはないけど全力パフォの人間に栄ヲタは弱いですからね。ちょっとどうなのと思っていたロリキャラも、劇場公演で見るようになれば可愛いに化けてしまうのです。はい、いつものことながらの手のひら返し、ヲタクはちょろいんです。

 

そんな私も8月のAKB大握手会、当日指名券が数枚ありましたので迷ううこと無く、さーなんレーンに行ってきました(汗)いや本当に彼女は可愛いんだよ。これはもう間違いない、可愛いは正義です。

 

 

それはさておき本日の生誕公演、ユニット明けMCでの恒例行事になりつつある「ウルトラさーなんクイズ」で本人が出題するのですが、意外とハキハキとテンポよく仕切る姿を目にしてちょっと感心してしまいました。

生誕祭ではお母さんからの手紙に須田リーダーが号泣という場面もありました。目から汗が出たところは、あの襲撃事件後の会話でした。「大丈夫?握手会怖くない」と尋ねた母に、さーなんは 「SKEのファンにそんな人いいひんもん」これは涙なしには聞けませんでしたし。

 

その後の挨拶では「今年の一年はみなさんに恩返しできるようにしたい」と抱負を語ってくれました。そして後ろに並んでいた先輩メンバー達のほうに向きなおして

「先輩が『大丈夫、できるから』って言葉で安心して公演もできてるし、これからまだまだもっと成長していきたいので、これからもよろしくお願いします」

 

と挨拶、中学3年生とは思えないくらいしっかりとした立ち振舞でした。

 


SKE48まとめろぐっ! : SKE48髙寺沙菜生誕祭まとめ!「今年の一年はみなさんに恩返しできるようにしたい」

 

チームEメンバーには末っ子として愛されているようですが、ただ可愛いだけではないのですよ。実は彼女は「手つな公演」は7ポジできます、ユニットもバーコードとウィンブルドンができます。休演メンバーのポジションを埋め続けた結果ですが、これは誇って良い部分だと思います。

 

生誕祭の進行で小石公美子も語っていましたが彼女は「天使」かつSKE48には珍しい王道アイドルの要素を持っていると思います。

まだ中学生なので決して焦る必要はないのです。SKE運営は彼女をゆっくり、じっくりとと王道アイドルを目指して育成して欲しい、そんな気持ちの昂ぶりを感じた高寺沙菜生誕祭でした。

 

 

1/31ポートメッセなごやの握手会、さーなんポチっているのはナイショです(笑)