名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

4月からの距離

今日も朝から小林亜実さん、発信ツール系が絶好調でありました。もう完全に取り憑きモノが晴れたのか、あの朝に弱い彼女が朝から発信をする日々が続いているのですよ!しかも添付されている写真がまた良い表情でして、、、それを見て切なくなるという負のスパイラル(涙)

 

前から言われておりますが、卒業を公言したメンバーは良い表情を見せてくれんです。やはり自分が決めたとはいえ、その決意をウチに秘めている時は色々な葛藤があるのでしょうし、それは想像に難くないです。その決意を発表してしまえば、スッキリと次の進路も明確になりポジティブになれるのでしょうか。

このあたりの心境は何度か転職したことがある私には、なんとなく理解できる部分ではあります。

 

そんなこんなで今日も公式サイトにニュース欄に「小林亜実」の文字を発見しました。

 


SKE48 | ニュース | SKE48 小林亜実 AKB48劇場盤大握手会・大写真会 不参加・キャンセル対応について

 

本人も卒業発表後のブログで明言していたとおり、4月以降の握手会・写メ会は全てキャンセル扱いとなりました。したがってラストの握手会は3/29(日)AKB48「希望的リフレイン」となります。もっともキャンセルとなる握手会も全てAKB48名義のヤツなんだけどね(笑)

 

私も実はキャンセル対象の5/30(土)写メ会を数枚確保しておりました。恐らく日程的には総選挙直前にお話できる機会かな?ということで色気を出し確保したのです。

予約時点では半年以上先の握手会ということは理解していましたし、このようなリスクは十分に予想できたわけですが、まさか小林亜実さんが卒業して自分がその対象になるとは全く考えもしませんでした。

 

考えていたのは少しでもキレイな身だしなみで、一緒に写真を撮るぞということぐらいで(笑)そういえば去年の写メ会はセーラー服でしたよね。最初の部はラブレター付きでしたが、何故が次の部から禁止となったんですよね。いやあ良い思い出だ、、、

 

 

ただしこれだけスッキリ4月以降の握手会をキャンセルしたのは、次の展開がもう決まっているからかなと良い方向に予想してみます。AKSとの契約が2015年3月31日で満了、だから4月以降の握手会は無理ということなのかなと。

 

そんな展開でしたら朗報なんですけど、今後は握手したり会話をしたりという機会は間違いなく無くなるのでしょう。遠くから見守るという普通の(?)ファンと芸能人の関係に落ち着くのでしょう。このあたりの見解は某流浪なんとかさんと同じです。

 

ただ恐らくそれが普通なんでしょう、今ままではリアル(握手会・公演)でもバーチャル(モバメ・ぐぐたす)でもヲタと寄り添いすぎていたんです。これからは決してそうではない、そのあたりをどう感じるかだと思います。物理的な距離じゃなくてね。

 

原点に戻って手紙を書くのが良いかもしれませんね、青いインクで!