読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

運命共同体

本日は週の真ん中の水曜日、たまには早く帰ろうと朝からアクセル全開(?)で業務に取り組みましたが、まあそう簡単には物事は進まず、、、残業でございました。まあ明日、1日頑張れば明後日は名古屋だし、今日はとことん仕事して帰るかと思っておりましたら「いつまで仕事しとるんじゃ!」と一喝され「ひえー帰ります」ということで撤収してきました。

 

そんななかでTwitterをチェックしながら帰路につくと「クレラップ」という単語が飛び交っておりました、、、なんじゃ?と調べるとこれでございました。

 

ske48matome.net

 

東李苑が髪を切ってクレラップの女のコになったというのはヲタならば知っている話、そして直後の写メ会にシャレを効かせてクレラップを持ち込んでいたの知り「李苑、やるな(笑)」と思っていた。

そして昨夜、李苑 のGoogle+にナゼかクレラップを持った写真がアップされていたのを見て、なんでや?と思っていたのも事実。ただ李苑に関してはBOMBのグラビア撮影で「なんでガウンをきているのでしょうか?」というオフショットで、ヲタを挑発(?)してきた記憶が強烈でしてね。すっかりクレラップは頭から飛んでおりました。

 

しかしクレラップ社もよく、このエピソードを見つけて拾ってくれたなというのが偽らざる心境です。シャレが効いているというか、粋なことをしてくれるなという感じで企業好感度アップですよ。でも先日の斉藤真木子のこのCM起用のエピソードもそうだし、企業さんとの良い感じの関係が続いておりますよ。

 

ske48matome.net

 

企業側はSKE48を起用し売上アップに繋げたい、という意図のオファーもあるでしょう。ただ今まで起用をしてくれたCoCo壱番屋ファミリーマート、ASBeeはもはや運命共同体という感じをなんです。

何かの縁でSKE48を起用してくれたので、ファンとしたら結果を残してあげないという使命感にかられてしまうのですよ(笑)

 

だからCoCo壱さんがキャンペーンを行えばカレーを食べるし、ファミリーマートでキャンペーンがあれば多少遠くてもファミマを探して馳せ参じる。オタクちょろいんですよ。ただそれを少しでも企業側がメリットを感じて引き続き起用してくれたら、それでいいんです。事実CoCo壱番屋に関してはSKE48の起用による売上増は株主報告書に記載されていましたらから。

 

そんな大手さんとのタイアップでなくても、メンバーが何かを発信していれば拾ってくれることもあるんだなというのが、今回の真木子と李苑のケースでしょうか。

真木子は特に何を発信したわけではないのです。ただし普段の活動が営業部長さんの心を動かしたのは間違いないわけでね。李苑だって最初は悪ふざけだったかもしれない、ただクレラップを写メ会に持ち込んで小道具にしていた。それを発信することで今回の900本プレゼントに繋がったわけです。

 

タイアップではないけど自分の趣味や特技を活かして仕事に繋げたケースも想定以上にあるのです。加藤るみの「釣り」、梅本まどかの「モータースポーツ」、もう少し時間が必要かもしれないけど日高優月の「中日ドラゴンズ」とね。

 

発信すること、やり続けることでSKE48にいながら周囲が見つけてくれる可能性もあるわけです。その一番の道具がDMMオンデマンドでの劇場公演だったり、Google+を筆頭とした発信系のSNSなんです。だからメンバーはもっと自分の特技を発信すべきなんで、アピールしていけば良いのです。そうすることにより、ひょっとしたら世界の中の誰かが見つけてくるるかもしれない。そんな時代なんですよ。

 

でもこれはやりすぎ(笑)まあ流石といえば流石ですわ...

ske48matome.net