名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

疑念と恐怖

ちょいとネガティブなことを書いてみる。

賛否両論あるのは承知のうえ、でも記録として私の偽らざる気持ちとして残しておきたい。

f:id:behero:20180522150153j:plain

 

プロデュース48、企画自体に賛否両論あるのは事実。簡単なところから言えば推しメンが、数ヶ月単位で最優先に拘束されるという事が良いのか悪いのかわからない。

でも企画自体は現在までに2シーズン放送し、好評ということなので悪くはないと思うのです。

 

ただそんな企画うんぬんを差し置いて、このプロジェクトに対する最大の懸念があるのです。それは韓国、恐らくソウルを拠点にして収録が続くという点です。

 

 

朝鮮半島情勢

韓国、韓流を好むか好まないかは個人の主観ですので置いておきましょう。

 

ただ冷静に考えてみたら、ここ数ヶ月で朝鮮半島情勢は大きく動く、結果が良いのか悪いかさえ想定できない。まさに一寸先は闇という状況です。これはちょっとした大人なら理解できているはず。

 

現に明日からも核実験場破棄という生々しいイベントが控えている。さらに言えば北朝鮮と韓国は全開の首脳会談で融和兆しが見えたとはいえ、まだ両国は戦時中であり現在は休戦中という状態なのだ。確実に思えた米朝首脳会談さえ雲行きが怪しくなってきている。

 

これを今回のプロジェクトのために韓国に渡ったメンバー達がどれだけ理解しているおであろうか?

そしてAKS側、Mnet側は説明をしているのか?

 

命を賭すか?

地理的に考えてたら首都ソウルから休戦ラインの三十八度線までどれくらいあるのか?毎回のように言われるが、仮にドンパチ始まれば数時間でソウルが火の海となる距離なのだ。

 

ゴチャゴチャ言と書いてきたが現時点、ましてやここ数ヶ月で韓国に行くということは正直にいえば命を賭けた行為にしか思えないのです。不要不急でなければ命を賭して訪韓する勇気は私にはない。

 

だから未成年者も含めた若い女性、48Gメンバーがこのタイミングで韓国へ行くということが、非常にリスキーな行動に見えてしまうのだ。

 

仮に私に高校生の娘がいたとしよう、いくら芸能活動だと説明され懇願されても、このタイミングでの渡韓を許可する気持ちになれない。

それは愛娘の命が最優先だから、これが全て今回のプロジェクトに対する懸念というか恐怖なんです。

 

無事終了を願う

徐々に盛り上がるをみせているプロジェクト48だけど、この1点については最後まで疑念を拭えないと思う。だから申し訳ないけど、結果はともかく無事に終わり無事に戻ってきて欲しいというのが偽らざる気持ち。決して大げさではなく、推しメンか否かではなくです。

 

なんせ米国大統領も北の将軍様もオレたちの推しメンのことなんか微塵も考慮しないぜ。

 

絶対にオレたちがコントロールできない世界、だから怖いんだよ!