名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

目を惹く存在感

今日も早めに会社を引き上げ自宅へ戻りました。夕飯を済ませてもまだ20時前、ということでDMMでKⅡ公演を見始めるという至極の時間を過ごしました。

 

www.ske48.co.jp

 

ただしもう本編は数量、アンコールの「夢の鐘」パフォーマンス中でした。

今日はHD定点ではなく、メンバーの表情が良く見える通常カメラをチョイスして「引っ越しました」のみんなの表情を見ていました。

 


青木詩織荒井優希内山命江籠裕奈・太田彩夏・大場美奈・小畑優奈・北野瑠華・白井琴望・惣田紗莉渚高木由麻奈・髙塚夏生・竹内彩姫日高優月古畑奈和松村香織

 

 という本日の出演メンバー、だた小畑優奈さんに目が行くのですよ。

 

 

f:id:behero:20171214224412j:plain

 

ダブルアンコールでの登場時もハイテンションで盛り上げる!

 

そして今日は古畑奈和さんが出演なのでセンターポジではないのですが、やはり小畑優奈さんに目が行くのです。目を奪われる、目を惹かれるのです!

 

オーラというかやはりキラキラ感がハンパない。本当にこのタイミングで推さなければ、いつ推すのよ?という感じを発散しております。

 

小畑優奈さんというと「カワイイは大正義」の体現者でもありますが、決してそれだけではいと思う。劇場公演での彼女は、カワイイは正義とは真逆の激しさを魅せることも度々ある。汗の量はハンパじゃないというSKEの遺伝子もしっかりと受け継いでいるメンバーなんです。

 

22ndシングルのセンターも小畑優奈と発表済ですが、ファンも納得しているように見えます。前作の意外にマンゴーで初選抜でセンターに抜擢された時も

 

・満を持してのシングル選抜入り

・センター抜擢も楽しみ

 

というような好意的な論調が多く、選抜メンバー発表と同時に人選を巡り激しい論調となるのだ恒例行事なんですが、小畑優奈はファンさえも黙らせてしまった記憶している。

 

f:id:behero:20171214225410j:plain

 

また最近、個人的にはラジオの小畑優奈さんに感心させられました。

 

東海ラジオの「1x1は1じゃないよ」の独り喋り、小畑優奈さんはなんと3度目の登板、いわゆるシーズン3が始まりました

 

正直なところ貴重な独り喋り枠だり、なるべく多くのメンバーへチャンスを与えて欲しいと思うのがファンの心理だったりします。

ゆえに前任の北川綾巴さんから「また」小畑優奈さんにバトンが戻ると発表された時は「へ?またゆなななの...」というのが偽らざる心境でした。

 

ただ実際に放送を聴くとやはり芸達者なんです。シーズン3ということで、場数を踏んだ慣れもあるのでしょうが、悔しいけど上手だし面白い。

初期は「ハラショー」とか「ちょ!」とか叫んで(叫ばされた?)勢いで乗り切っていた印象もありましたが、今は30分を硬軟を織り交ぜて独りで回してきっておりました。これ意外な才能かもしれないなと感心しながら聴いておりました。

 

 

前作の「意外にマンゴー」へセンター抜擢されたことで、各メディアにも数多く登場していましたが、その受け答えも実にスマートな印象でした。彼女はあまり緊張したことがないと漏れ伝わってきます。ただそんな不安を表に出さないようにしているのかもしれませんが、それもひとつの才能だと思いますので。

 

「カワイイは正義」という下地に「経験」が積み重ねられた小畑優奈さん、本当に今は手がつけられない感じに思えます。もちろんあの笑顔がとっても素敵なことが一番だと思いますが

 

今からではありますが小畑優奈がセンターで躍動するであろう「無意識の色」とはどんな世界を見せてくれるのか楽しみであります。

 

 

無意識の色(DVD付)(初回生産限定盤)(TYPE-B)

無意識の色(DVD付)(初回生産限定盤)(TYPE-B)

 

 

 

自分らしく(高寺沙菜 卒業発表)

昨夜の帰り道、21時過ぎに会社を出たので、後藤理沙子さんラストのラジカルNEOナイトを聴きながら帰路につこうとスマホをポチポチ、radikoをセットしました。

ラジオNEOを聴きならがtwitterでTLを追いながらと考えてるがTLが騒がしい。そう原因は21:00にアップされた、この公式ブログでした。

 

f:id:behero:20171213210117p:plain

 

 

一瞬、何のことか理解できなかった。本当か?とも疑いました。

 

そして程なく高寺のtwitterも流れきた。

ウソであってくれと願ったが、どうやら本当らしいと理解した。

 

 

 

 

高寺沙菜さんは足の怪我で少し休んでいた時期もありましたが、それを乗り越えて劇場公演にも復帰。先日の生誕祭を見る限りは卒業するという気配は感じられなかったのですけど...

 

f:id:behero:20171213211704j:plain

 

 

ただ22ndシングルの収録楽曲発表時にひとりだけ名前がなく、運営が程なく訂正したということがあったなと思い出すまで時間はかかりませんでした。

 

恐らくはその時点ではもう本人は決断し運営も了承していたのだなとも。

 

ske48matome.net

 

 

ただ本人はそんな素振りさえ見せずに、ここまでアイドルを演じていたのかなと。そうなるといつもの調子で高周波なガヤと笑い声で振る舞っていた高寺沙菜の姿が、逆にせつなく感じてしまうのです。

 

斉藤CPのツイートが全てでしょうか

 

 

あの笑顔を見ることができるのも来年1月まで、また寂しくなりそうです。

 

 

無意識の色(DVD付)(初回生産限定盤)(TYPE-A)

無意識の色(DVD付)(初回生産限定盤)(TYPE-A)

 

 

 

選ばれた意味

本日は100%SKE48の発売日、新潟ではまだ店頭に並んでおりませんが(泣)

 

www.ske48.co.jp

 

数えることで4冊目、VOL.04

定期的に刊行していただいており、ヒストリーブックみたな感じになりつつあるという印象です。

 

 

表紙もいろいろな特捜バージョンがありこのとおりです。

 

そして発売当日ということで、名古屋ではメンバーから直接このムックを受け取れるというお渡し会が実施されました。

 

www.ske48.co.jp

 

 

メンバーは鎌田菜月さん、後藤楽々さん、太田彩夏さん、浅井裕華さんという4人。

 

鎌田菜月さん > 先日の22ndシングルで初選抜

・後藤楽々さん > このムックの表紙をソロで飾る

・太田彩夏さん > 待望の初グラビアをこのムックで披露

 

という理由でしょうか?

 

では浅井裕華さんは?となるとこのムックで佐藤すみれさんと「すーカタン」という話題のコンビで特集されているようですが、正直なところ前述の3人に比べて弱いかな?というのが推し補正を加えもザワザワしていたのも事実です。

 

ただこの3人と一緒に地元名古屋のお渡し会にアサインされたということは、運営がちょっとプッシュしたいのであろうと好意的に考えておきます。

 

案の定、現地に行ったヲタクがゆうかたんにメロメロにされ、ゆうかたんにゃんお兄さん(オジさん)になっている報告が数多く上がってきておりました(笑)

 

これが狙いだったのでしょうか。こういった機会を積み重ねていきたいものですね。

 

 

 

少しずつでも前に進んで行こう、うん

 

まずは明日、100%SKE48 Vol.4 をゲットしることから始めたいと思います。

 

 

BUBKA 2018年1月号増刊 100%SKE48 Vol.4

BUBKA 2018年1月号増刊 100%SKE48 Vol.4

 

 

愛される才能(2017.11.13浅井裕華生誕祭)

浅井裕華さんの生誕祭、推し登録は6ヶ月半ほどの若輩者ですが当選メールをいただきましたので、名古屋へ足を運びました。

 

www.ske48.co.jp

 

前日はセンチュリーホールで第1回ユニット対抗戦でしたので、事前に生誕祭の日程がわかっていればという気持ちを押さえながら月曜朝に新潟=東京=名古屋という新幹線乗り継ぎの大名旅行でした。

 

見慣れた景色(今年8回目)の名古屋到着、改札を抜けまずはエスカへ。そうまずはコレです 

 

 

f:id:behero:20171114231710j:image

 

エスカも若干クリスマスのデコレーションとなっておりましたが、SKEメンバーのポスター掲出は継続中でした。

そのまま歩いて秋の気配を感じながら栄を目指しました。

 

 

 f:id:behero:20171114231738j:imagef:id:behero:20171114231820j:image

 

まずはサンシャインサカエの4Fを目指しました。11月は誕生日も渋滞中、実はSKE劇場は今日11月13日から5日連続生誕祭という状況であります。

 

 

f:id:behero:20171114231850j:image

 

そしてSKE48cafeのオススメはこれらしい(汗)

 

f:id:behero:20171114231911j:image

 

ただもうひとつの目的であった「重力シンパシー」衣裳の生写真、SHOPに向かうもそこには「売り切れ」の文字が!

 

送料をケチったわけではないのですが、土曜日発売の生写真、月曜日ならまだSHOPに並んでいるだろうから店頭で買えば良いや!というのが間違いだったか。

早々に売り切れるというのは客観的に見たら喜ぶべきでありますが、個人的にゲットできなかったという残念な気持ちと入り混じりながら撤収しました。

 

いや浅井裕華さんだけじゃなく、重力シンパシー衣裳の生写真は良いよね。やはり浴衣とか企画モノの衣裳も良いけど、アイドルがアイドルの衣裳を来てポーズをキメていている写真のほうが絶対に良いに決まっているのですよ。

 

 

f:id:behero:20171114231932j:image

 

開演まで2時間を切ったので発券へ向かいました。そこに既に素敵なデコレーションがありました。本当に生誕委員の皆様にはお疲れ様でしたとしか言えません。細かいところにも凝り、想いの詰まったディスプレでした。

 

f:id:behero:20171114232012j:image

 

 

そして発券したチケットの番号は40番!

 

やばい完全優勝か?とビクビクしながらの1時間余でしたが、なんとビンゴは2巡目で呼び出されて劇場内へ。最前の上手端が空いておりましたので「オレが座っても良いのか?」という若干の自問自答を経て、もうこんなチャンスないだろ?と言い聞かせて1-Aに着席、ドキドキしながら開演を待ちました。

 

なんせユニット曲のハングリーライオンの2コーラス目、浅井裕華さんが目の前に来るポジションですので。

ゆうかたんの生誕Tを来て臨んでいたため、隣の須田ヲタさんからは「(生誕Tを)着ている人が座ったんで良かった」と言われるオチつき。いやでもオレで良いのか?というのは消えませんでしたが。

 

鎌田の影アナを経て場内暗転、overtureから重力シンパシーが始まりました。1曲目、統一サイの指定はありませんでしたが、かなりの割合で浅井裕華さんの推しカラーである、ピンクのサイリウムで染まっていた感じ。これはもうヲタクみんな優しいなと思いつつ、三列目の浅井裕華さんを目で追っておりました。

 

そして当たり前だけど今日の主役への「裕華コール」は大きい、そして佐藤すみれさんへの「すーちゃん」コールも!生誕公演、卒業公演だと主役に関わりの深いメンバーのコールが大きくなる、それを当たり前のようにやる栄ヲタの優しさに涙しながら前半4曲が終わりました。

 

自己紹介、メンバーが口々に浅井裕華さんへの温かいエピソードを語ってくれる。チーム最年少、愛されているなと改めて再認識。

 

そして迎えたハングリーライオン、衣裳と同じ青での統一サイが映えてました。

 

f:id:behero:20171115000400j:plain

 

この目の前にオレがいたのはナイショだ!

 

ske48matome.net

 

→ 公演の詳細は、まとめろぐさんをお借りまします。

 

生誕セレモニーで佐藤すみれさんからのお手紙がありました。ただ推しているだけではない、それにはちゃんと理由がある、そして「全てを託したい」と綴った内容はもう涙なしには直視できませんでした。

 

そしてその中で語られた「愛されるのって簡単じゃないことだから、それも立派なひとつの才能です」という言葉が今の浅井裕華さんには最もフィットするのではと。

 

誰もが認めるポテンシャルですが、すぐに「私は...」と言って一歩下がってしまう。もちろんそんな謙虚なところが彼女の魅力のひとつかもしれませんが、勇気を出して一歩前に出るんだ!と先輩たちは少し歯痒く見ていたのかもしれませんね。

 

浅井裕華さんが「今年はいろいろな経験をさせてもらって...」とファンとメンバーに感謝を述べて終わろうとしていたスピーチ、それを横で見ていた進行役の須田亜香里さんが「言いたいことは全部言えた?」と問だだし、もじもじしながら「まだあると思うんです...」と彼女に「じゃあ言っておこう」と急かせるところはまさにそんな印象を受けました。

 

そこで涙を浮かべながら出てきた言葉は

 

選抜総選挙に入りたいという夢があります」

 

という言葉、みんな心の中には秘めている思いだと思いますが、これを本人の口から直接聞くと聞かないのでは違うのですよ。

良い意味でファンを焚き付けて一緒に夢を見たほうが良いと思いますので。これはいままで遠慮していたのかな「私なんかが言っていいのかな?」という感じで。

 

ただ言って良いのです!それは間違いないから。 

 

f:id:behero:20171115002404j:plain

 

そして花冠を付けたままで最後の「未来が目に染みる」へ

 

私はこの曲の浅井裕華さんが一番好きなんです。

 

毎回笑顔全開で楽しそうに踊っている姿を見ていると泣けてきそうでね。今日はなおさら歌詞のワンフレーズが心に突き刺る感じでした。

人は決心したときに

見えるものが変わるんだ

いつもの朝と同じなのに

選抜総選挙にランクインしたいと本心を吐露した14歳の生誕祭、明日から彼女が見ているいつもの景色は変わるかな?そんな事を期待したいです。

まずはもう少しだけ前に出てみると良いのかなと思いながら。

 

劇場公演もあっという間に終演、座席が1-Aということでお見送りは先頭でした。お見送りの一番最後に位置していた浅井裕華さんに「おめでとう!」と声をかけて劇場を出ました。

 

f:id:behero:20171114232034j:image

 

いただいた配布物等、いや愛が溢れている感じです。

ヲタは推しに似るというですが、ゆうかたん推している人は良い人が多い感じですね。まだそんなにお会いしたことないんですけどね(笑)

 

f:id:behero:20171114232105j:image

 

ゲットした劇場写真を見ながら少しだけ劇場公演の余韻に浸り、深夜高速バスの人となりました。作戦行動時間20時間余の強行軍でしたが、本当に来て良かったです。

 

 

 

f:id:behero:20171114232113j:image

 

そしてこのショット、素晴らしいと思いませんか、控えめに言って最強かもしれません。THEアイドルという感じが漂います。

 

未来しかない、彼女に注目していいきたいと思います。

 

 

 

BUBKA 2018年1月号増刊 100%SKE48 Vol.4

BUBKA 2018年1月号増刊 100%SKE48 Vol.4

 

 

 

 

そんな旅に私の若い命を捧げます

NGT48の2ndシングル「世界はどこまで青空なのか?」のMVが期間限定でフルバージョンで公開されましたので視聴してきました

 


<期間限定>NGT48『世界はどこまで青空なのか?』MUSIC VIDEO Full / NGT48[公式]

 

楽曲の前後にもストーリーがあり挿入されており全12分に及ぶ大作。

 

ただその長さも感じることなく、一気に引き込まれてしまう感じでした。特にラストで荻野由佳さんが感情を爆発させるように叫ぶようなシーンはゾクゾクきます。

そして嫌でも脳裏に焼き付く

 

「そんな旅に私の若い命を捧げます」

 

というセリフです。

  

そんな旅=アイドルということは容易に想像ができます。これはセンター荻野由佳でしか成立しない楽曲と納得です。

荻野のためにアテガキされたのか、この曲のために荻野を抜擢したのか不明ですが、間違いなくハマっております。

 

f:id:behero:20171108232016j:plain

 

曲調はデビューシングルの「青春時計」の路線からガラッと変わり、走るギターが気持ち良い疾走感溢れる「世界はどこまで青空なのか?」という2ndシングル。

大サビでみなとタワーの階段で激しく踊るNGT48メンバー、年末に向けてこれでアピールするのはアリだなと思います。

 

 

ジャケット写真が公開されたときは、坂道路線か?と勘ぐりましたが「私はこの世界はどこまで青空なのか?」路線は好きですよ。刹那的な破滅的な心情描写もやはり「青春」だと思うので。

 

恐らく3rdシングルはセンターも変え、ガラッと曲調も変えてくるかもしれない。でもNGT48が描く世界は「青春」で良いと思う。

 

そんなことを感じた2ndシングルのMVでした。

 

 

しかし、このジャケット写真はタイトル曲のMVには現れませんでしたな...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この涙を君に捧ぐ

早めに帰宅したので夕食を終え、DMM経由で久々にライブで劇場公演を見ておりました。最近はライブで劇場公演を見ることが出来る時は「HD定点」です。

 

www.ske48.co.jp

 

定点映像がHD化されステージ奥の3列目で踊るメンバーまで鮮明に見ることができるようになった気がします。

(さらにいえば最前列のヲタクはさらに鮮明に判別できるようになった)

 

 

ユニット曲の後半、ハングリーライオンの途中から見始め、2コールラス目の歌割りだけは通常映像で見ました。なぜならステージ上手でしゃがみながら歌う浅井裕華さんを堪能したかったので。

 

f:id:behero:20171108003818j:plain

 

また定点映像が良いのは歌割り以外のメンバーを追いかけることができるから。2月までは通常の定点映像で野口由芽さんを1公演追いかけておりました。彼女自身から定点推奨という発信もしておりましたし、その言いつけを守っていたというところもありますが(笑)

 

ただ今日はチームE「SKEフェスティバル」公演で定点で浅井裕華さんを追いかけているのですが。少し似ているとしたら2人とも主戦場は3列目が多いかな?というところでしょうか。だからなおさら定点映像は貴重なわけです。

 

野口由芽さん曰く「こっちは3列目でも命懸けて踊っているんだよ!」コレが劇場公演に賭けるメンバーの本音でしょうから、それをDMMから見守ることができるのは素晴らしいことなんです。

 

f:id:behero:20171108003846j:plain

 

その浅井裕華さんを追いかけた後半戦もあっという間に過ぎていき、気がつけばアンコール最後の「未来が目に染みる」が始まりました

 

ここも主戦場は3列目の端ですけが、実に楽しそうに笑顔で踊っておりました。そんな彼女を見てひとりで満足してながら、今日は13歳最後の公演だなあなんて思いながらです。

 

そして最後の一抹礼の直前で手を上げたメンバーがいたのです。

 

なんと佐藤すみれさん、ゆうかたんを溺愛する佐藤すみれさんが卒業を発表をしたのです。その瞬間、反射的にゆうかたんを探してしまいました。下を向いて泣き崩れているような感じで見るに耐えないというのが本当のところでしたが。

 

 

佐藤すみれさん、キャリア的にも年齢的にも48Gを卒業をしても不思議ではないというのが本音です。ただ所属しているホリプロも辞め、芸能界から身を引くというところに衝撃を受けたわけです。

 

そして浅井裕華さん

 

残り少ない時間かと思いますが、すみれさんに甘えて、そして何かを感じてくれたらなと。これを乗り越えたらまた彼女も絶対に強くなると思います。辛いけど7期最年少の彼女です、これからもこのような場面に何度も遭遇すると思うのです。7期オーデの公約どおりに彼女が最年長になるまでSKE48に在籍してくれるのならね

 


SKE48 第7期生オーディション 最終審査通過 エントリーNo.3 浅井裕華

 

絶対に乗り越えてくれると信じています。

 

 

この涙を君に捧ぐ (Type-A)(メーカー特典なし)

この涙を君に捧ぐ (Type-A)(メーカー特典なし)

 

 

 

 

込められた想い

明日(9/24)は大矢真那さんの卒業コンサートです。

 

oyamasana.ske48.co.jp

 

しかも場所はSKEの聖地ともいえる名古屋は日本ガイシホール、これは盛り上がらないはずがない。前日リハが終わったであろう頃から、メンバーが真那さんへの感謝の意を込めて大矢画伯デザインTを着用した画像を上げてくるのも泣ける。

 

 

 

 

初代推しメン

ただ私の明日の予定は新潟です、名古屋には行けません。

 

当然ながらチケットはモバイル枠、姉妹グループ枠、一般枠と申込みをしましたが全てて落選、どうも今回ばかりは縁がなかったようです。

 

私をSKE48に導いてくれたのは松井珠理奈さんでも松井玲奈さんでもなく大矢真那さんでした。

決定的だったのは第2回選抜総選挙、そこでもう魂を撃ち抜かれたれました。第24位で呼び込まれた壇上で

 

「今回の選挙で「大矢真那って誰だ?」って思われた方が多分たくさんいらっしゃると思うんですが、私がSKE48大矢真那です!」

 

 

力強くと叫んだスピーチに。

 

f:id:behero:20170923225657j:plain

 

 

やはりあの頃のSKE48は完全にAKB48のカウンターでした。

もっとわかりやすく表現したらAKB48は仮想的であり、いつの日か乗り越えて行くべき存在でした。絶対にAKBには負けねえ!というギラギラ感。良いか悪いかは別にして、メンバーもファンもそう思ってい時代です。

 

そんな中で珠理奈・玲奈に続いて名乗りを上げた名古屋の清楚なお嬢様に魂を撃ち抜かれたわけです。

 

もちろんそれと平行して撃ち抜かれたのがブログでした。本当に言葉のひとつひとつが研ぎすまされた感じで心にスッと入ってきたのです。

後に真那のブログは読むんじゃない、感じるんだという発言を目にしましたが、感じるまでもなく自然と心に入って来ていた頃です。

 

大矢真那さんこそ私のSKE48、いや48G最初の推しメンでしたし初めて握手したSKEメンでした。

 

2011年の選抜総選挙はエビカツを集めに集めていたのを思い出します、いや本当に。選挙に強い大矢真那とか揶揄されても、あの時代は選抜総選挙で落としたらSKEでも真那さんは干されてしまう!とマジメに思っていましたので。

 

f:id:behero:20170923230032j:plain

 

改宗者

ただいつの頃から私のココロは4期生の小林亜実へ、、、そして6期生の野口由芽に移っていったのです。都合の良い表現をすれば

 

「真那さんはもう大丈夫!」

 

と思ったから。

 

いつの間にやら「みんなみんな教」と称される強力な真那コミュニティも成立していたし、あの生誕祭なんて私が入り込む隙間もないですからね。

ただモバメは開始時から継続中(完走できそう!)、個別握手会も数枚ですが教祖様に拝謁しておりました。

 

ただそんな改宗者への当然の報いなのか、今回の卒業コンサートは全落でした。最後の最後でこれはキツイと思いましたがこれも背負う罰なのかとニヤッとしてしまうところです。

 

込められた想い

まずは明日のコンサートが大成功で終わることを祈ります。

 

そしてこのデザインTシャツ、ただの大矢画伯のデザインシャツじゃなかったんだね。これでけでもう涙が出そうですよ

 

 

みんなでSKEなんだよね、真那さん!

 

 

意外にマンゴー(TYPE-D)(初回生産限定盤)(DVD付)

意外にマンゴー(TYPE-D)(初回生産限定盤)(DVD付)