名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

推しメンは

 AKB経由でSKEに流れつきました。だからといって、それほどAKBにハマったわけではありません。第2回の選抜総選挙かな?その速報を見ていてなんでAKB以外のメンバーがいるんだよ!と疑問に思ったのがきっかけです(笑)うん?松井姓が二人いるぞ、ひょっとして姉妹なの?珠理奈というほうがお姉ちゃん?なに13歳だあ!というよくあるパターンです。

 でも好みのタイプは大矢真那さんだなあ、というところに落ち着きました。ハイ、みんなみんな教に入信するわけですよ。

 

 そこから4期生が来て、あー中村くんって可愛いなあ、でもショートカット大好き人間だから金子栞ってスゲータイプじゃんとか思っても浮気はしないわけなんですよ。(あの頃の金子栞のルックスは今でもマジでストライクです)

 

 で2011年春に地方民には生きる糧とも言えるDMMオンデマが始まって公演を映像で見ることができるようになると、DDになっていくわけだ!ただDDといっても限度があるので真那さんは別格にすると、なぜか小林亜実と阿比留李帆にハマっていくのです。いまでもこの3人中心ですね。(ちょっと阿比留さんが茶髪になっちゃったのは残念ですが、彼女には彼女の思いがあるのでしょうから)

 

 そして今をときめく5期生、ファーストインプレッションでは大脇有紗でした。ただ年齢を見てためらいました、12歳だと....。握手会も行きましたが、涙の湘南のコールのとおり見た目大人で中身は子供ですねえ。美人の大脇も最近は空回りキャラになりそうで残念ですが、まだ若いので大きく育ててもらいたいものです。

 6期生、5期以上に個性が強そうで楽しみではありますが、正直なところSKEぽくないんですよ(個人的な感想です)そんななかでSKEメンの伝統を受け継ぎそうなのが野口由芽なのかなと。ルックスもそうだし、なにより踊れる、やはり踊れなければSKEじゃないですよ。真面目キャラかと思えばアンダーで出たラムネの自己紹介で盛大にフライングゲットを踊ってみたり、楽しみではあります。

 6期生は正直なところ当面は正規メンへの昇格枠がないわけです、育成枠ではないが長い目でゆっくりと育ててやって欲しいですね。原石はゴロゴロしていると思うので。

 

 ということで推しメンは誰だ?というと大矢真那さんは別格として、今は小林亜実さんです。総選挙もNGに入った、本人が言うとおり勝負の年、ちょっといまは鬱モードかもしれませんが、なんとか現状を打破して伸びていくことを期待しております。