名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

もう少しつきあいます

栄から夜行バスで早朝に地元へ戻り、一日働いてまいりました。想定外に元気でございましたよ、確かにここでミスとかするわけにいきませんからね。

 

ということで昨日の生誕祭のチラ裏感想など、お付き合い下さい。

 

2014.01.08 チームKⅡ「シアターの女神」公演【小林亜実生誕祭】

18:10開場18:30開演

【出演メンバー】
内山命大場美奈加藤智子加藤るみ小林亜実佐藤実絵子高木由麻奈竹内舞二村春香松本梨奈山下ゆかり山田みずほ青木詩織井田玲音名折戸愛彩野口由芽

   SKE48 | スケジュール | 2014.01.08 チームKⅡ「シアターの女神」公演【小林亜実生誕祭】

 

高柳、須田、柴田、古川という選抜クラスが揃って謎の休演(?)、ちょっと寂しいかなと。ただ須田ポジはいつものとおり小林亜実が入りましたので、結果オーライかな。

 

竹内舞の自己紹介を忘れるという影アナからスタート。するするとステージの幕が開き

現れた前座ガールズは竹内彩姫、いやあさきぽん実際に見るとマジ美少女だあ(ヲイ)でもロマンスかくれんぼは衣装も含めて反則だよな。絶対にプラス補正入るし、研究生がいつもとちょっと違う髪型してくるとときめくんだよ(ヲイヲイ)そんなさきぽんともすぐにサヨナラ、Overtureが鳴り響き生誕公演スタート。こちらも生誕T2014仕様着用、カラサン2本を青黄で点灯して準備万端!

 

今日の主役、小林亜実様は黒髪ストーレートで登場、うんこれが「こあみ」という感じ、クシャッとした笑顔を時々みせながらパフォーマンスしておりました、そしてやはり須田ポジは目立つ!

こちらも負けじと勇気のハンマーから「こあみコール」頑張りました。個人的には真那さん生誕祭時の信者さんのように全員になるべく大きなコールをするように頑張りましたが、やはり教の劇場内での「こあみコール」でしたわ。ただ下手最端の私からするとなかなかこあみに遭遇できず、山下ゆかり山田みずほばかり追いかけていた前半4曲でした。個人的にツボな隕石の確率での「しゅーっ、ぱっ」を至近距離で拝めたのはラッキーでしたね。

 

自己紹介MCでは竹内舞さんが「今日は小林亜実様の日」とか、高木由麻奈さんは「こあみをバクらせると面白い」と触れたくらいでしたでしょうか。しかし由麻奈よ、バグという言葉が一般的に通用する言葉なのだろうか?と(笑)

 

そしてユニット曲「嵐の夜には」で生誕サイ発動、準備いただいた青黄2本を振りまくりました。初めて劇場で見たのですが、ちょっとドキドキしてしまったのはナイショです。でも座席位置の関係でアウトで椅子を引きずりながらはけていくシーンが、最後まで見えなかったのが残念でした。

 

ユニット明けMCでは「髪7」で曲を!なんて発言もしてましたね。その後の後半MCではこあみは何でも知っているがテーマでしたが、何にも知らなかったようで...最後はバグってしまった(笑)あーこれは由麻奈がフッてくれていたのかと気がついたのはこの時だった。これはキャラ変ですかね。

 

つつがなく本編も終わり場内暗転、アンコールの口上を述べたのは2列目の女の子でした、これはビックリしましたが生誕委員らしきTシャツを来ていましたからね。うん、全力の「こあみコール」を叫んできました。

 

ECのオネストマン、KⅡ推しという鉄板の流れ。こあみ様ご所望の「劇場:いただきまーす」「こあみ:召し上がれ!」もシッカリと決めて生誕祭へ。仕切りはまいたけ、花束とリボンを渡され魔女っ子こあみに変身。出てきたケーキに最後の仕上げは客席からの「おいしくなーれ!」の大合唱、こあみもしっかりと「いただきまーす」とレスポンス、この演出は生誕委員様ナイスでした。

お手紙は梅本まどかより、チームE立ち上げから一緒に苦労したであろう年長組2人を想像するとちょっと泣けてくる。2人とも2013選抜総選挙でランクインしたが、あいかわらずの中位干されてポジから脱却できていない。ゼブラで仕事を共にする機会も多かったので、いろいろ語り合ったのであろう。小林亜実推しではあるが、梅ちゃんが先に選抜に行くのであれば文句はないと常々思っている。この2人、年齢がネックになっているのなら非常に残念なんですよね。

 

そして最後に小林亜実本人からご挨拶、いきなり「去年の生誕祭ですごい大口を叩いてしまって...」と自嘲気味に語り始めた。私だって選抜に入りたいし、センターにも立ちたいと言ったものね、でも正直なところあれでみんなが本気モードになったのだと思う。アレは1年前の小林亜実の叫びとししたら嘘偽りない気持ちであろうから良いんだよ、決して大口なんかじゃない。

そこに続いて出てきたことば「選挙があったからこそ見えてきた世界」それを見ることが出来ただけでも良かったのではないでしょうか。すぐに他人と比較してしまうという性格を吐露もしたし、これからは過去の自分と比べていこうと決めただけでも成長していると感じました。

 

「もうちょっと私の夢につきあって下さい」

 

という言葉で挨拶を締めくくりました。ハイ、もう少し私達も一緒に夢を見せてもらいたいと思っております、本当に素晴らしい生誕祭、コメント、演出でした。これを見るだけでも強引に平日遠征をしたかいがありましたもの。

 

生誕祭も終了して曲に戻りましたこあみはリボンを付けたままでパフォーマンスをしました。スペシャルな感じで良かったですよ。

 

ラストの僕達の紙飛行機、どのメンバーが投じたかわかりませんがこあみが書いて折った紙飛行機はEC発動した女の子のもとに飛んでいきました!これだけでも素晴らしいエピソードです。

ちなみに紙飛行機を投げる前に私の眼前には二村春香がいたのですが、手にした紙飛行機を私の方に見せて、コレ欲しい?みたいな感じでニヤニヤしてました。その飛行機には「ゆかり」とサインされていたんだけどね(笑)

 

カーテンコールも終わりハイタッチ!最前列下手最端ということでハイタッチもほぼ最後の呼び出し、そして今日の主役小林亜実は一番最後におりました「おめでと!マシュマロ」とハイタッチ。生誕委員が推奨したマシュマロハイタッチ!でしたがカウントできたのかな?と思いつつね。

 

ほどなく後方から「ありがとうございました」というメンバーの声、かなりの人数が詰めかけたモニ鑑に人々と大きな拍手をして劇場ロビーから退出。生誕委員の方々がサイリウムを回収しておりましたので、お疲れ様でしたと声をかけました。そして何故か生誕委員の方々も列になってハイタッチ(笑)しかも気分が高揚しているのか、かなりの人がハイタッチしてから螺旋階段へ向かっていた。しかも一番最後にEC発動し紙飛行機をゲットした女の子がおりノリで私もハイタッチ。手にはこあみの紙飛行機があり「いいなあそれ」と声をかけると、嬉しそうな顔をしておりました

 

本当に素晴らしい公演、素晴らしい生誕祭に入ることが出来て満足しながら、地下鉄栄駅へ。さて名古屋、次はまた20日後に来るぞ。ナゴヤドームですがな!

 

以下、運営ブログにアップされたコメントです。(最近運営ブログが遡れないので?)

今日は本当に素敵な生誕祭を開いて頂いて本当に本当にありがとうございます。

えっと20歳の1年は、去年の生誕祭ですごい大口をたたいてしまってでもその言葉を信じて皆さんが応援してくれたからこそ、選抜総選挙に入れて頂いたことがすごく大きな一歩だったなと思います。
その選挙があったから新しく見えた世界もたくさんあってまだまだ知らないことがたくさんあるんだなと改めて思ったし、もっともっとやりたいことも、やり残したこともたくさんあってでもそうやって思えるのが皆さんが応援をしてくれたからこそだと思っています。

私はすぐに人と比べてしまう所があって、勝手に人と比べて落ち込んだりすることが多くて、迷惑をたくさんかけてしまうことがありましたが、これからは比べるのは過去の自分と比べるようにと心に誓いました。
ほんとに感謝でいっぱいの20歳でしたがさっき言ったみたいにまだやりたいことがやりきれていないので、今年はもっと新しいことに挑戦したり、経験出来るようになったり、それも皆さんが応援して下さるからこそ出来ることだと思っているので、これからも感謝の気持ちを忘れずに、そしていつかおばあちゃんになった時に「SKEにいた頃が一番青春してたな」って思えるようにうれしいことも悔しいことも全部楽しいって思えるように、過ごしていきたいなって思います。
以上です。

本当に支えて下さってありがとうございます。
これからも皆さんに笑顔をお届けできるように頑張っていくのでもうちょっと私の夢にもつきあって下さい。
これからもよろしくお願いします。
本当にありがとうございました。