読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋の空は晴れている

栄に憧れる日々の生活記録

忘れるもんか

GW最終日でした。

 

今年のGWは新潟から出ることもなく、主に自宅で過ごす大型連休となりました。ラッキーなことにNGT48の劇場公演に当選したので、5月4日は昼に研究生「PARTYが始まるよ・ガルベストン通り」公演にお邪魔してきました。

 

NGT48劇場には何度も足を運んでおりますが研究生公演は初めてでした。呼ばれたのは10巡でしたが、ラッキーなことに下手3列目が空いており、そこから日下部愛菜さんを中心に見て満足してきました。彼女の推しサイカラーである緑と黄のサイリウムをそこから振っていれば、簡単にステージ上から見つけてくれるのです。

お見送り時に「見えてたよー!」のひと言、日下部愛菜さん素敵すぎます。

 

f:id:behero:20170507230721j:plain

(みーずん先生が劇場に来ていたのよね、推しウチワ持参で)

 

ただサポートとして出演の菅原りこさん、ナゼかオレに指差し確認を2回、撃ち抜かれてしまったのはナイショです。なんだったんだろうな?あれは...

 

これが大型期間中で唯一のヲタク現場、あとは自宅でDMMの劇場公演アーカイブの消化に励んでおりました。そして時間がくればオンデマンドでSKE48劇場の様子を覗くという充実した本当に毎日で(笑)

そのかいあり「青春ガールズ」公演と8期生の知識量はドカーンと増えました。となるとこれは現場で見たい!と思うわけですよ、そして5月6日の公演に申し込んでみましたが順当に落選ということで(涙)

 

この当選メールが来たら5月6日はNGT48が名古屋ポートメッセで全国握手会を行うので、合わせて遠征しても良いかなと考えたのですですが、そうは上手くいきませんでした。

 

 

そんな連休最終日の昼に井田玲音名さんのtwitterに投稿しました。

 

 

付け加えらていたハッシュタグは #ゆめち そう野口由芽さんからの伝言をアップしてくれたのです。

 

内容は最後のお手紙とプレゼントを受け取りました!という内容、そうこれはちょっとヤキモキしていたところではあるのです。

卒業したのが2017年2月28日、手紙とプレゼントは1ヶ月後の3月31日到着分までとアナウンスされておりました。そに期限内に私も手紙とプレゼントをSKE48劇場宛に送付しました。レターパック(手紙)とゆうパック(手紙)で発送しましたので、SKE48劇場へ到着引取までは確認できてますが、その先はもう不明であり神に祈るしかないわけです。

手紙もプレゼントも検閲のうえ本人へという流れですが、問題があれば連絡がくるはず。その連絡がないということは通過したか?としか想像できないわけで。

 

そしてさらにその先、卒業してしまった本人へはどうやって引き渡すのだろうと。ちょっとそこはモヤモヤしていたのです。

 

 

たださすが野口由芽さん、卒業後でもオレたちの期待に応えてくれた。痒いところに手が届くというかね(笑)そして添えられていた手紙の束の写メにはどうやら私が送った(と思われる)封筒が見えました。それを確認し本当にミッションコンプリートしたと胸をなでおろすことが出来ました。

 

恐らくこの連休中に名古屋、SKE48劇場に出没していたので、そのタイミングで受け取ってくれたのかなと。ただそう考えるとあの2月28日直後、とんでもなく熱い気持ちで書いたガチ恋ラブレターを2ヶ月経て、冷静に目を通されると辛いかもしれないなと(笑)でもお互いのキロクとキオクということで。

そしてこれで本当にひと区切り、もう本当に何もしてやれることはない、健康に活動してくれることを祈るだけで。

 

そして最後に記されていたコトバ

 

「わたしのこと忘れないでねぇぇぇ(・∀・) 笑」

 

最後の「笑」が微妙ではありますが、絶対に忘れないよ!というか忘れるられるわけないじゃん!あんな素敵なメンバーを

 

 

その直後に玲音名さんが付け加えてくれたツイート、うん良いヤツだよね!

 

北川綾巴さんが劇場最終公演の自己紹介で「ゆめちは6期生の誇りだよ!」と讃えてくれましたが、私もそんなメンバーを推していたことを誇りに思いますから。

 

ともかく元気そうでなにより。縁があればまたいつの日か、そんなことを夢に見てです。

 

f:id:behero:20170507231207j:plain

 

 

BUBKA 2017年6月号増刊 100%SKE48 Vol.3

BUBKA 2017年6月号増刊 100%SKE48 Vol.3